2011年8月 のアーカイブ

A Painting

2011年8月22日 月曜日

教室がまだ開校したばかりのときから、

長年英語教室の生徒だったKちゃん。

芸術大学を卒業して、美術の先生を経験して、

結婚もして( Congrats♪)

今、アートスクールを開いています。

  

息子たちが小さい時からいろいろと可愛がってもらっていて

 下の息子は今彼女のアートスクールに通わせてもらっています。

とても温かい作品に心を打たれます。

上の息子は毎年夏休みに読書感想画の指導をしてもらっています。

 

今年も忙しい中うちに来てくれました♪

DSC_0046

絵を描いている向こうから「あ~して、こ~して」

「さあ、男だ。ばーっとやってしまえ!」とか

ユニークに指導するKちゃん(笑)

その声だけで絵の才能ゼロの家系に生まれてしまった息子も

こんな素晴らしい絵が描けるのです!

DSC_0047 

 

息子と同じくらいだったKちゃんが

今こうして自分の子供たちの先生をしている。。。

心が温かくなるような、キューンとするような

なんとも言葉で表現できない(indescribable)気持ちになります。

 

同じく教室に長年通っていたKちゃんの妹のNちゃんも

今は宮崎県の職員としてがんばっています。

下の息子の写真部屋に飾っていると

Kちゃんから聞きました(笑)

Thank you, Nちゃん♪ 嬉しいです♡

 

これからも生徒さんたちとの出会いを大切にしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

Eiken Test

2011年8月6日 土曜日

 

時々翻訳の仕事もしています。

この間お友達に紹介された翻訳の仕事も楽しそうだったので

やってみようかと思ったら

応募資格のひとつに「4年以内に1級、又は準1級を取得していること」

とありました。

4年以内。。。?  私が最後に検定試験を受けたのは何年前?

いや、もしかしたら何十年前!?(笑)

ということで、久しぶりに受けてみました。

1級を。

 

試験開始前はやっぱりドキドキ。。。 

久しぶりの緊張感♪♪

教室のみんなもこんな感じで緊張するんだな~などと

考えながら開始時間が来るのを待ちました。

 

いよいよ試験開始!

まずは大問1を目標時間15分で。

解きだしてみると、なんだか…簡単?

「スマートフォン効果だー!!!」12分でクリアー♪

(「スマートフォン効果」詳しくは7月1日のブログをご覧下さい)

合否を大きく左右する作文は。。。

やった!教育関係。得意分野です。 満点目指して書きました!

 

1次はかなり満足のいく点数で合格♪

1級の2次面接は1分で5項目の中から1項目を選び

それに関しての2分スピーチ、その後面接官の質問に答えるという形式です。

2次試験は自信がありましたので特に練習はしませんでした。

なぜかというと・・・

いつもD先生と日本とアメリカの文化や教育、福祉、または政治の違いなど

いろんなことで討論 (バトル?) していますので(笑) 

(特に息子が中学生になってからは教育文化の違いで熱く討論しています。)

DSC_0039

 

「人の立場(身)になって考えてみる、自分を人の立場に置いてみる」

を英語では

put oneself in someone’s shoes

“自分をその人の靴の中に置く”

と表現します。

 

英検レッスンを受けている皆さんの気持ちを理解するには

自分も受けてみるのが一番いいですね。

長い間試験を受けていなかったので

忘れていたことがいろいろあったような気がします。

 

 そのことを覚えているためにも

また力を落とさないためにも

これからは2、3年に1度は受けようと思います。